オイル交換の時期

人によっては車はガソリンを入れるだけで走ると思っている方もみえるのではないでしょうか?車にはエンジンがありタイヤがついています。なのでタイヤに空気を入れないと燃費も悪くなるし最悪パンクしやすくなります。エンジンもオイルを変えたりオイルエレメントを交換しないとオイルが悪くなり最悪エンジンが終わります。もちろんスパークプラグの点検やクーラントの交換などは専用の道具がないと交換できないですのでそこはプロに任せましょう。

オイル交換の交換時期ですが、エンジンにとってオイルとは血液です、エンジンの中でピストンという部品があるのですがここが動力を生み出すのですが、このピストンや様々なパーツの動きを滑らかにするためにあります。なので交換を怠ると血液が汚れ最悪の場合エンジントラブルになるのです。

交換時期 3000kmまたは半年

基本的にエンジンオイルの交換時期は3000kmもしくは半年といわれています。

エンジンオイルエレメント(もしくはオイルフィルター)の交換時期は1万kmもしくは1年です。エンジンオイルエレメントはエンジンオイルの循環するなかでオイルの汚れやごみを濾過する機能をはたしてします。

関連記事

  1. 他県ナンバー狩り
  2. 珍しい車のロゴ
  3. 電気自動車のすすめ
  4. ちょい乗り保険
  5. ワンボックス車の異音について
  6. ダイハツ新型TAFT試乗キャンペーン
  7. toyota 新型yaris cross
  8. 中古車ご契約キャンペーン

中古車在庫情報

お問い合わせはお気軽に!

電話:0574-43-0556


【営業時間】
平日 8:30-19:00
日・祝 8:30-17:30
定休日:月曜日

さくら会少年剣道部

PAGE TOP