被害軽減ブレーキ ダイハツ

ダイハツの被害軽減ブレーキ”スマートアシストⅢ”について、そもそもⅢってことは1と2もありました。1は低速での対車両に対してのブレーキでした、カメラ自体はレーザーセンサーのみ、2になり単眼のカメラと赤外線センサーの合わせ技により対車両のみのままですが速度幅が20km上昇しました。また、後方への誤発進抑制装置も取付られました。

そして3になりレーザーセンサはなくなりフロントガラス上部のステレオカメラのみとなりました。他メーカーのほとんどもステレオカメラが主流となっていますね。

ステレオカメラになったことにより、対車両の速度幅も4~100km対歩行者にも対応になり4~50kmで作動するようになりました。

ただし、ステレオカメラになったことにより1.2よりも直射日光や、暗いところでの反応、また雪などによりカメラが見えなくなることにより反応しなくなるといった点もありますね。

しかし、暗いところに関してはヘッドライトや街頭の明かりで反応することも確認できるいる為安心ですね。

これらの弱点を全て克服した車もあります、それがミリ波レーダーとステレオカメラの合わせ技ですね。残念ながらまだダイハツではこういった装備が装着された車は開発されていませんが、またこのミリ波レーダーとステレオカメラ搭載の車については別の記事にて記載しますね。

関連記事

  1. ETC車載器の話
  2. 防災 5月11日
  3. ちょい乗り保険
  4. 自宅で筋トレ
  5. 日本一高いバンジージャンプ
  6. ロードサービスについて
  7. 梅雨明け
  8. 岐阜県内コロナ感染者369人

中古車在庫情報

お問い合わせはお気軽に!

電話:0574-43-0556


【営業時間】
平日 8:30-19:00
日・祝 8:30-17:30
定休日:月曜日

さくら会少年剣道部

PAGE TOP